在日コリアンとの結婚で気をつけること

Rihwa(リファ)は、女性シンガーソングライターです。

本名は、朴 梨華(パク・リファ)
北海道出身で、中学校卒業まで札幌で過ごしていました。

中学校卒業後はカナダ・ベルビルに留学し、当地で高校生活を送り、
高校卒業後、日本に帰国。

2009年より札幌を中心にライブ活動を始める。

国籍は、韓国で、いわゆる在日朝鮮人です。

小柄なのに声量があり、歌唱力も本格的です。
カナダに留学していたそうで、英語の歌もキマッテます。
かわいくて、明るいキャラなのにアイドル的なものではなく、自分で作詞・作曲した曲を堂々と歌っています。

そして、現在は独身のようです。

▼「ラスト・シンデレラ」挿入歌、Rihwa(リファ)「Last Love」リリックビデオ▼

さて、日本人と結婚する在日朝鮮人はどれぐらいいるのでしょうか。

年々、日本人と結婚する在日朝鮮人の数は増えています。
1984年にははじめて過半数を超えました。
現在は6割以上の人が日本人と結婚しています。

ただしこれは、戦後の渡日者も含めた「韓国および朝鮮籍」についての話です。
日本に帰化した在日コリアンの結婚はデータにあがってきませんし、一時問題となった「偽装結婚」なども含まれている可能性があります。

日本人と在日朝鮮人との結婚の場合の注意点。

愛する者同士が、結ばれるのは自然のことです。
相手の国籍などで差別してはいけません。

ただ、核家族化した日本社会とは異なり、韓国では民法で規定されている通り、10親等以内を親類と見なす点、
さすがに最近では韓国本国、更には在日の方々はそれ以上に以前ほどの濃密な親戚関係では無いらしいが、
それでも日本人の想像をはるかに超える濃密な親戚関係があります。

在日朝鮮人の彼女に御両親がいるとなれば、当然、両肩にも幾分かの扶養義務がのしかかる事、
及び煩雑な親戚付き合いに対する煩わしさがあるので、
日本人と結婚するより大変かもしれまえん。

また、朝鮮学校では、反日教育を行なっているので、
より相手の理解が必要になるかもしれません。

ま、結婚するくらいですから、
さまざまな問題より、愛が勝っているならば、
国籍など関係なく、幸せな結婚生活を送れるでしょう。

Last Love

by カエレバ