元サッカー日本代表奥大介選手逮捕

2013年6月6日午後7時半、サッカー元日本代表選手・奥大介容疑者(37)が、妻で女優の佐伯日菜子さん(36)への脅迫容疑で逮捕さたというニュースがありました。

妻の佐伯日菜子に「今からお前を殺しに行く」と電話を掛けたのが、その脅迫内容だそうだ。

電話で、「今からお前を殺しに行く」と言っただけで、逮捕されるのか?

ニュースの一報を聞いたときは、違和感を感じたが、
その裏には、夫婦にしか分からない関係性があるようだ。

これだけに、奥大介が逮捕ということは、佐伯日菜子がそれだけ危険な状態に置かれていたということが考えられます。

そもそも、結婚当初(2002年結婚)は、“おしどり夫婦”として知られていたはずですが、
2人の間に何があったのでしょう。

▼有名人の怖い話 佐伯日菜子▼


心霊現象よりも、もっと怖い現実があったんです。

報道によると、脅迫だけでなく、凄惨なDVも行っていたそうです。

もともと、奥大介は、結婚前のお付き合いの段階から、佐伯日菜子の浮気を疑うなど、嫉妬深いとことがあって、
結婚後は、妻の携帯の電話帳も全部削除させらたとも言われています。

okudaisuke-saekihinako

まあ、新婚当初は、奥大介も新妻の佐伯日菜子のことが大好きで、
他の男に取られまいと思ってやったことなんでしょうけど、

また、そのときは、佐伯日菜子も、
そこまだ愛されていると愛情を感じたのでしょう。
新婚当初にはよくある勘違いですね。

しかし、嫉妬深いだけではなく、日常的な暴力もあったようです。
殴る蹴るは当たり前、時には包丁を持ち出すこともあったみたいです。

さらに、身体的な暴力だけでなく、
言葉による精神的な暴力も行なっていました。

例えば、佐伯日菜子がサッカー関係の仕事をとってくれば「俺のおこぼれで仕事もらいやがって!」と暴行。

「俺は日本代表に上り詰めたけど、お前なんか売れねえ女優だろ!誰のお蔭で生活できてると思ってんだ?悔しかったら、枕営業でもしてこい!」

などと・・・[ソース:東スポ]

奥大介選手は、1998年の日本代表の時が頂点で、あとは落ちぶれる一方の自分と、
華やかな芸能界に入る妻である佐伯日菜子を比べて、卑屈な劣等感があったのでしょう。

2013年1月には、奥大介は横浜FCの強化部長を辞め、
これもまたDVがエスカレートする一因にもなったようです。

仕事を辞めてからの奥大介は、ハローワークにも行かず、昼間からお酒に溺れ、完全にダメ亭主になってしまって・・・

挙句の果てに、子供を脅迫のネタにすることも珍しくなかったとか。

佐伯日菜子は、とうとう耐えられなくなって、別居。

奥大介は、実家のある尼崎に帰っていたのですが、

奥大介は、「子供を犠牲にしやがって」など迫りながら、子どもたちの小学校にまで「娘を出せ!お前らグルになって娘を隠してるだろう」との電話もガンガン掛けていたようです。

それだけでなく、佐伯日菜子の親族や知人もまた、奥大介から被害を受けていたそうです。

そして、逮捕直前には、佐伯日菜子の実母にも何十回も電話し、警察からの電話にも暴言や脅迫めいた事を口走ったといいます。

その異様な言動は、なにか違法なクスリでもやってるのかと疑われているとか。

今までは「我慢さえすれば」と耐えていた佐伯日菜子ですが、
現在、その佐伯日菜子の手元には、DVの証拠となるICレコーダーの録音や、ケガの診断書があるそうで、
離婚へと向かう予定だそうです。

佐伯日菜子(さえきひなこ)
女優。
生年月日:1977年2月16日生まれ
出身地:奈良県
血液型: O型。
趣味:読書、映画鑑賞、写真
スリーサイズ: B76/W57/H80
特技:クラシックバレエ、日本舞踊、英会話。
ファッション雑誌「Olive」の専属モデルとして芸能界入りし、映画、テレビ、舞台、ラジオなど幅広く活躍。
公式プロフィール:http://www.nifty.com/hinako/

 

奥大介(おく だいすけ)
元サッカー日本代表。ポジションはミッドフィールダー
生年月日:1976年2月7日生まれ。
出身:兵庫県尼崎市出身。
所属チーム1994 年~2001年 ジュビロ磐田、2002年~2006年 横浜F マリノス、2007年 横浜FCに所属。多摩大学目黒高校のサッカー部監督→横浜FC強化部長

 

 

▼映画「らせん」▼

映画「らせん」 Rasen shortcut-clip/OP/ED 投稿者 spyagent0011

らせん(1998年、東宝)では 山村貞子役で登場

by カエレバ