松中が妻の誕生日に捧げた1発!
松中信彦選手は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手です。
2013年現在、現役選手唯一の打撃三冠王達成者です。

1999年、ルイス・ロペスの退団に伴って、一塁手のレギュラーに定着。
主に7番打者としての出場ながら、4番打者の小久保裕紀に次ぐ23本塁打を放つなど、福岡ダイエーホークス初のリーグ制覇・日本一に貢献しました。

翌年の2000年には、背番号を26から3に変更し、正式に内野手に転向。

開幕は7番で迎えたが、打撃好調で小久保の後を打つ5番に定着。
自身初の3割となる.312(リーグ6位)、33本塁打(リーグ3位)、106打点(リーグ2位)を記録しリーグV2に貢献。シーズンMVPに輝き、
この年のオフにタレント水島新太郎の仲立ちで交際を始めたフリーアナウンサーの林恵子と結婚しました。

▼林恵子さん▼
hayasikeiko

公私とも充実の2000年です。

2001年、第一子となる男の子が生まれる。

2004年には三冠王を達成(最多安打、最高出塁率を含め打撃五冠)
この年、べストナイン、ゴールデングラブ賞、MVPに選出。
全盛期といえるでしょう。

2006年のワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出され、4番を任される。

2007年、第二子となる男の子が生まれる。

この年、松中信彦選手は、打率.266、15本塁打、68打点とレギュラー定着後では自己最悪の成績に終わる。

以降、怪我や故障もあり不振に苦しんだが、
そのときでも、松中信彦選手を支えていたのが、
妻の林恵子です。

福岡では、夫婦そろって有名なガス会社のテレビCMに出演

不振の原因が離婚問題にあるはずがありません。

▼松中が妻の誕生日に捧げた1発!▼

ちなみに、タレントの松中みなみは松中信彦の親戚です。

▼ウエスト48㎝の松中みなみ▼

 

世界の王貞治、三冠王・松中、WBC日本代表選手が自らの打撃の真髄を語る。サムライの超打撃論。

さらに、通算2000本安打を達成した、元広島の野村謙二郎、立浪和義がおすすめの打撃練習法を詳細に解説されています。
サムライの超打撃論 (B・B MOOK 612 スポーツシリーズ NO. 485) [ムック]

ベースボール・マガジン社 2009-05-27
売り上げランキング : 371424

by ヨメレバ