いしわたり淳治と長瀬智也との熱愛の噂とは

橋本絵莉子は、徳島県出身のルーピースロックバンド「チャットモンチー(chatmonchy) 」のボーカル、ギター、ベース、キーボード、ドラム、ハーモニカ。
ほぼ全曲の作曲、一部作詞してます。

自身の度胸の無さを「砂団子のような心臓の持ち主」と表していて、自他共に認める激しい人見知りのようですが。。。

過去の恋愛遍歴の噂を調べてみると。。。

いしわたり淳治との噂

isiwatarijyunji

いしわたり淳治は、元スーパーカーのギタリスト、
現在は作詞家、プロデューサーとして活躍しています。

橋本絵莉子がボーカルのチャットモンチーはいしわたり淳治のプロデュースでデビューして、1st、2ndアルバムはほぼすべてがいしわたり淳治のプロデュース。

巨大掲示板2chで、いしわたり淳治の噂として、
アーティスト志望の女の子に乗りまくり系男として書かれていました。

そのヤラれた女のひとりとして橋本絵莉子の名前があがっています。

この情報は、2ch上の情報であって、特に情報ソースは見当たらなかったんですが、
真偽のほどは不明です。

それから、
2007年チャットモンチー 橋本絵莉子と長瀬智也と怪しい目撃談!
090206_121558ということで、2007年11月18日オンエアの「サンデージャポン」で、
デーブ・スペクターが、
「最近大物女性歌手と別れた有名バンドのNが
世田谷のお店で女性バンドのCのH.Eと食事の目撃談!」と発言。

Nは浜崎あゆみのことで、
浜崎あゆみと別れたNというのは、長瀬智也。

で、CのH.Eは「チャットモンチー」のヴォーカル橋本絵莉子。

2007年のこの頃は、長瀬智也は、相武紗季と付き合ってるようなので、
実際は、食事だけで、付き合って無かったんじゃないかと思いますが。。

そして、2010年に、そんな橋本絵莉子は結婚しました!

お相手は、同じくロックバンドのtacicaのボーカルの猪狩翔一さん。

igarisyouiti

2013年、妊娠もしてます。

>> 猪狩翔一との結婚について

橋本絵莉子のかわいい画像を集めてみました(*´ω`*)

hasimotoeriko hasimotoeriko1 hasimotoeriko2 hasimotoeriko3  hasimotoeriko5 hasimotoeriko6

【橋本 絵莉子(はしもと えりこ)プロフィール】
hasimotoeriko4愛称:えっちゃん、えりこ
生年月日:1983年10月17日
出身地:徳島県徳島市出身
血液型:A型。
学歴:徳島市城東中学校、徳島県立城東高等学校卒業。

【チャットモンチー】
昔からチャットモンチーはギャルバンやアイドル扱いされることを嫌っていて、徳島時代はかなりのもので、ライブするときはいつもTシャツで、スカートは絶対に穿かないという徹底ぶりだったそうです。

まず、ステージに上がって『見てろよ!』という気持ちでいつも演奏していた」と語っています。

▼チャットモンチー – 橙 – Budokan▼

表題曲「橙」は橋本絵莉子(VO&G)が高校3年のときに書いた曲です。

受験を控えた彼女は、しかし、”音楽をやる”ということを既に決心していて、大学進学には熱心でなかったといいます。

バンドをやりたいという強い意志と周囲の人々の意見の間で揺れ動いてしまう、その不安と葛藤そのものがこの曲にはしっかりと映し出されています。

触れれば切れる、そんな感触が伝わってくるギター、繊細な感情と凛とした気持ちが同居したメロディは”自由に生きたい”と思っているすべての人の心をザックリと突き刺すことでしょう。

意外性に満ちた楽曲展開とそれぞれのパートが主張しまくるアレンジが印象的な「コスモポリタン」(作詞:高橋久美子/ドラム)、恐ろしく歪みまくったギター・サウンドのなかでアンニュイなファルセット・ボイスが舞う「リアル」(作詞:福岡晃子/ベース)もきわめて個性的です。

by カエレバ