壇蜜は単なるセクシータレントの枠に収まらず、芸能界を進撃し続ける!

2013年4月に所属事務所を移籍しましたが、
その直前には一時期、超多忙の反動か、抜け毛や劇ヤセ、不眠に悩ませるなど、
見た目にも影響が出るほどストレスを抱え込んでいたそうです。

それが最近、Eカップボディを取り戻してきたところを見ると、
心身ともに快調なのでしょう。

ただ、忙しいのは相変わらずで、プライベートを充実させるヒマもないようで、

「早く新しいご主人様を見つけたい」とこぼしているという。

彼氏が欲しいというのではなく、
ご主人様を欲しているというのが、壇蜜らしい。

そんな願望を体現するかのように、2013年夏放送で大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)で、
妖艶な愛人役を演じ、毎回、お茶の間のオヤジどもの目を楽しませてくれている。

▼半沢直樹ダイジェスト▼


宇梶剛士演じる悪徳社長と行動を共にし、
彼をご主人様と尽くすのだが、
登場するたびに露出度の高い衣装で視聴者を挑発してくる。

さすがにバストトップを出すようなことはないが、
見慣れたはずの水着姿でも、日曜ゴールデンタイムにブラからはみ出た胸の谷間を
ふと目にすると、何とも刺激的である。

壇蜜は、あけすけ発言が売りのキャラなので、
プライベートに関するHな話はサービストークだと思われがちです。

でも壇蜜のSM志向は本気のようで、
さまざまな過去の男のことを平気で話しても、
特定のご主人様については生々しすぎて公には話ていません。

壇蜜の知人によれば、
壇蜜が話題にしたがらない濃密なおつきあいのあったお相手は、
決してイケメンタイプではなかったようです。

でも、あっちのほうの精力はかなり旺盛だったようです。
(アサヒ芸能より)

なので、壇蜜は愛人役がハマリ板なのかもしれない。

エロスのお作法 [単行本(ソフトカバー)]
壇 蜜 (著)

男子禁制!
壇蜜が男を落とすテクニックをすべて披露!
本書は、職業「エッチなお姉さん」として活躍する著者が書き下ろした、
初の女性向けの恋愛指南本です。