昼夜無視の電話攻撃でテレビ局員を病院送りに!
ダイエット本でもイタいヌードを公開する

コスプレ衣装でイベントに出席。
完全復活を思わせる元オセロの中島知子(41)だが、
ここに至るまでに、ルール無用の相談電話で相手を病院送りにしていた!

黒のボンデージ衣装に身を包んだ中島知子が、
ラーメン店のイベントに登場したのは、
2013年7月30日のことだった。

芸能記者がこう語る

イベントでは体のラインがくっきり浮かび上がる警官の制服を思わせるいでたちで登場し、
パンチラさえもサービスしました。
2013年6月には女性誌で、洗脳後初のグラビアに挑戦しています。
この席で、感想を向けられると、
『壇蜜と比べられても、だいぶ私のほうが上です!』
と返していました。

一時期の雲隠れと、激太りをくぐり抜けて人前で受け答えできるようになり、
かなりご満悦の様子でしたが、

現在恋愛中であることをアピールし、そのおかげで、『6キロ痩せた』
とのろけていましたが、病んで肉が削げ落ちたのが実態です。

『壇蜜~~』はギャグのつもりで言ったのかもしれませんが、
経緯を知っている芸能記者たちは痛々しくて笑えなかったとそうです。

2013年3月、「ワイドスクランブル」(テレビ朝日系)への出演でテレビ復帰を果たした中島知子だが、
ある芸能関係者がその背景を解説する。

洗脳騒動後からテレビ朝日のある社員ディレクターが中島知子の相談に乗っていて、
そのつながりで『ワイドスクランブル』に出演しました。

無断での行為だったため、
中島知子は当時の所属事務所・松竹芸能から契約解除を告げられています。

不安に駆られた中島知子は、その後も事あるごとにその社員に相談をするようになったのです。

中島知子出演の大手柄をあげたディレクターだったが、
放送後しばらくして入院してしまったのだ。

原因は、精神的にマイッたことがだったのですが、
これに中島知子が大きく影響していたというのだ。

「中島知子の相談電話は夜中、早朝など、相手の都合を無視して頻繁にかかってきたそうで、
しかも、相談内容が具体的なものであれば答えようがあるのですが、
自分の感情をぶつける激しい愚痴のようなものばかり。」
その繰り返しで、聞いているほうが、逆に精神的にすり減ってしまったようです。

最終的に、このディレクターは上司に

『僕はもう中島知子の電話には出られません』
と言って、入院してしまったのだそうです。

テレビ局員を病院送りにしたことなどどこ吹く風で、
取り戻したボディを誇らしげに公開した中島知子。

グラビア・映画などでのオールヌードに挑戦かと思われる勢いだが、
中島知子自身は、周囲に
「脱がないし、AVには絶対出ない!」
とかたくなに拒否しているといいます。

では、どんな中島知子の今後の計画はどんなものかというと、

芸能関係者の話では、
2013年の6月くらいに、ある出版社が中島知子のダイエット本を出す計画を立て、
中島知子サイドも了承しているようです。

セミヌードを掲載し効果をアピールする内容のようです。
ふさぎ込んでいるかと思うと、急に陽気になったりしている中島知子の裸体がキワモノとしてウケればいいのですが。。。

2013年8月にはデザイナーとしてデビューする中島知子だが、
いまだ心の傷が癒えていないようです。

再度、洗脳騒動が起きなければいいのだが。

元オセロの中島知子が魅せた衝撃の初ヌード!話題の書『ハダカの美奈子』映画化で主演を務め、女優業を本格始動する彼女の美熟裸身!

中島知子写真集「幕間~makuai~」 [単行本]
西田 幸樹 (写真)