anndoumiki2013年7月、極秘出産していた安藤美姫(当時25歳)。

しかし、子供の父親の存在を明かしていないことから、
「ミキティを妊娠させたのは誰だ?」と騒動になりました。

父親として有力視されたのは、2013年5月に同棲が報じられた南里吉晴(27)と、
元コーチで安藤美姫とは蜜月関係にあったと言われるニコライ・モロゾフ(37)。
双方ともインタビューで「自分ではない」ときっぱりと否定。

では、なぜ安藤美姫は、かたくなに子供の父親の存在を明かさないのだろうか?

あるフィギュア関係者はこう言います。

安藤美姫が交際していた男は、南里やモロゾフだけじゃなく、

nannriyasuharu mozorofu

↑南里康晴             ↑ニコライ・モロゾフ
実は、織田信成とも一時期関係があったとも言われています。
他にも過去に振り付けを担当していたスイス人の元フィギュアスケート選手、
さらにイベント会社との関係も囁かれていました。
関係者の間では、
『安藤美姫本人も父親が誰だか分からないのでは?』
と言われていますが、あながち外れていないのかもしれません。

ちなみに、織田信成とイベント会社社長は既婚者。

もし、彼らが父親だとすれば、安藤美姫とは不倫関係だったということになります。

それにしても、驚くのは安藤美姫の精力的な男事情です。

スケート選手として活躍しながら、
分かっているだけでも、5人もの男とデキているとは!

よほどの体力と性欲があったのだろう。

安藤美姫も持ち技の4回転トリプルアクセルをもってすれば、
5人の男を相手するくらいは楽勝だったのでしょうか。

▼安藤美姫4回転ジャンプ動画▼

今後、子供の父親が明かされる日が来るかもしれませんが、
1人の男性と一途につきあった結果なのかどうか、
疑問視する向きは多い。

母親になって、少しは性欲が落ち着いたと思うのですが、
これも一時的なものなのでしょうね。

出産してしばらくは、育児疲れで性欲が減退することが多いと言われていますが、
ソチ五輪を目指す安藤美姫の場合、周囲の育児サポートは万全のはず。

となると、早くも性欲が回復して、2人目の妊娠発覚!!

なんてことがあるかもしれません。

(引用元:週刊実話ザ・タブー10月12日号)

空に向かって 増補版 (扶桑社文庫) [文庫]
安藤 美姫 (著)