2013年4月に早乙女太一(21)と結婚・妊娠を発表した西山茉希(27)。

西山茉希の結婚は、知人たちにも本人からの一斉メールで知らされたようで、
親しい友人に対しても、そんな最低限の報告しかできなかったので、
そうとう西山茉希自身も動揺していたのでしょう。

その前に、周囲が驚いたのことは・・・

 

それは、2人が破局を迎えていたからです。周囲唖然したのでした。

しかも原因は、早乙女太一のDV。
確かに、祝福よりも心配の声のほうが多かったですね。

世間では、破局報道後に一転、結婚&妊娠を発表したことで大きな反響を呼び、
そのことについて「ポンとできた子と思われている」と西山茉希。
それらの意見を否定するように「(子どもは)もともと作ろうと思って作ったんです」と
計画的な妊娠であったことを強調していましたが、

2人は破局直前にも、性欲のおもむくままに愛欲に溺れていたようで、
その結果、妊娠したのだから、計画的というより、無計画であると、
世間は呆れるばかりです。

しかし、裏を返せば、西山茉希と早乙女太一はよほど体の相性が良かったのでしょう。

早乙女太一は、暴力だけでなく、かなりの束縛もあったようです。
それでも、交際が続き、同棲までしていたのは、
西山茉希が、典型的な『ダメ男好き』だったことと、
早乙女太一との体の相性の良さに夢中だったからでしょう。

早乙女太一は、かなり多きなイチモツの持ち主のようで、
しかも、体を鍛えているので、正常位はかなり激しく、
一度味わうと、他の男では満足できなくなるらしいです(*^_^*)

となれば、別れ話が出ていながら、情事を重ね、妊娠してしまったという事情も頷けます。

西山茉希の体は早乙女のイチモツの快感を手放せなかったのでしょう。

つまり、2人の絆をつないだのは、体の関係のみで、
いくら体の相性が良くても、今後出産を迎えるにあたり無理が生じてくる可能性があります。

体の相性の良さだけでしか関係を築けない2人にとって、
これからが最大の試練です。

周囲の予想通り、離婚に一直線とならないように祈るばかりです。

(引用元:週刊実話ザ・タブー10月12日号)

ハッピースマイル ハッピーライフ [単行本]
西山 茉希 (著)